理事長のごあいさつ

 会津医療生活協同組合は、約12,000名の組合員が16の支部、100を超える班で健康を守り育て、地域の方々を見守るなどの活動をしています。
 私たちの目的は、組合員の願いに応えることです。具体的には、「元気で健康で長生きしたい」という第一の願いに応えるため、各地域の支部や班の中で「健康チェック」「筋トレ」「ミニデイ」「カフェ」を開催し、一人ぼっちの高齢者をなくし、認知症になってもその地域で暮らしていける取り組みなど、組合員さんが中心になり活動しています。
 医療や介護が必要になった時は、会津若松市と喜多方市に二つある診療所で、外来診療、在宅医療、健康診断、予防接種など、小児から高齢者まで幅広い医療活動を行っています。
 介護事業では、会津若松市からの委託事業である若松第一地域包括支援センタ-、在宅介護支援センター、訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、デイサービス3事業所を運営しています。
 今日、高齢化の進行と認知症、少子化への対応が大きな課題となっています。私たちは「地域包括ケア」構築にむけ、行政や地域の医療機関、介護事業所と連携、事業と運動を推進していきます。
 また、平和こそ健康で幸せな生活ができる必須な条件ということから、憲法9条を守る活動などにも力を入れています。

理事長 佐藤忠彦

会津医療生協の理念

わたしたちは「いのちと健康を守る生協」です。

会津医療生協のビジョン

誰もが高齢になっても障がいをもっても、住みなれた地域で安心して暮らせるまちづくりを地域の人々や行政とともにめざします。そのために、「支部や班による助け合いの取り組み」や「認知症になっても地域でくらし続けられる」「寝たきりにならない」「ひとりぼっちをなくす」ための事業と運動を展開します。

(2012年6月16日 第35回通常総代会)

概 要

法人名 会津医療生活協同組合
住 所 〒965-0818 福島県会津若松市東千石1丁目2−13
連絡先 Tel.0242-28-1272 Fax.0242-27-6944
理事長 佐藤 忠彦
定款地域 会津地方全域
設 立 1978年5月28日
事業所 ・会津若松診療所
・きたかた診療所
・訪問看護なないろステーション
・医療生協在宅介護支援センター
・会津若松市若松第一地域包括支援センター
・医療生協春風
・デイサービスセンターすわ
・デイサービスセンターあおぞら
・有料老人ホーム医療生協あおぞら
組合員数 12,379人(2019年2月28日現在)
出資金総額 235,263,000円(2019年2月28日現在)

沿 革

1978年 設立総会(5月)組合員772名 出資金1,055万円
1981年 会津若松診療所開設・日曜のみ診療開始
1984年 会津若松診療所・常勤医師による日常診療開始
1990年 新会津若松診療所落成
1996年 きたかた診療所開所
1997年 会津若松診療所デイケア開始
1998年 訪問看護なないろステーション開所(若松)
1999年 きたかた診療所デイケア開始
在宅介護支援センター開所(若松)
2000年 ヘルパーステーション開所(若松)
きたかた居宅介護支援事業所開所(喜多方)
支部による最初のミニデイが開催
小規模多機能型施設「あおぞらハウス」(デイサービス併設型宅老所)開所(若松)
2005年 小規模多機能型施設「グループハウスすわ」(デイサービス併設型宅老所)開所(喜多方)
2006年 会津若松市第1地域包括支援センター開所(若松)
「あおぞらハウス」「グループハウスすわ」が住宅型有料老人ホームの指定
2007年 会津若松診療所付属「健康づくりセンター」開所
会津若松市介護予防教室事業開始(一般高齢者介護予防事業:現在の一次予防事業)
2008年 医療生協デイサービス「春風」開所(若松)、若松診療所デイケア廃止
医療生協デイサービス「わかば」開所(喜多方)、きたかた診療所デイケア廃止
2016年 デイサービスセンター「すわ」「わかば」の統合、地域密着型通所介護事業所へ転換
喜多方市太極拳ゆったり体操施設教室を受託(きたかた診療所)
2017年 春風、機能訓練特化型に転換
あおぞらの通所介護、認知症対応型通所介護に転換